子どもとおでかけ

山がピンクに染まる、瀬戸内しまなみ海道の桜スポット【開山公園】

もうすぐ桜の季節。

全国に桜の名所・桜スポットは沢山ありますね。関西では、

大阪は、造幣局桜の通り抜け、大阪城公園
京都は、八坂神社内の円山公園枝垂桜、哲学の道、仁和寺の御室の桜
奈良は、ピンクに染まる吉野山

など、様々なスポットがあります。

私がおススメしたいのは、瀬戸内海の小さな島々を結ぶ、しまなみ海道、伯方島にある開山(ひらきやま)公園をご紹介したいと思います。

開山公園

伯方の塩でおなじみの伯方島。しまなみ海道のほぼ中央の島となっています。

伯方島の北西部にある開山(ひらきやま)の山頂に、開山公園はあります。

山頂には木造の展望台があり、瀬戸内海の島々と、しまなみ海道『大島大橋』『大三島橋』『多々羅大橋』を見ることができます。

公園内には、滑り台やジャングルジムがあり、特に滑り台は36mと長く、滑り切り下から上ってくるための動力は、大人は2回ぐらいが限界かもしれません(笑)

子どもたちは楽しさから、急な斜面も平気で駆け上がってくるので、体力がつくこと間違いなし!

桜が咲き乱れる

開山公園には、約1000本ソメイヨシノなど5種類の桜の木があり、山を覆い尽くすピンクが絶景です。

瀬戸内の島々や穏やかな海と一緒に桜の写真を撮ることが出来るのも、開山公園ならではです。

開花時期は?!

私たちが行く時期としては、春休み中の4月上旬頃に満開となっています。

2019年4月5日 9分咲き

2018年4月2日 満開

2017年4月9日 満開

気温の変化で開花時期は異なりますので、開花情報をチェックしてくださいね。

お花見はできる?!

山頂には売店があり、特に2018年はとても暑かったため、かき氷を売っていました。

他にもホットコーヒーやおでんなども売っていますよ。しかし、周りにこれと言ったお店はないので、お花見をする方はコンビニなどでお弁当を購入されることをオススメします。

4月といっても寒さ暑さにムラガあるため、温度調整を出来る服装で来られることをオススメします。2019年4月に訪れた時は、風が強く寒いぐらいでした。

イスやベンチもありましたが、花見客が多い時は空き待ちになるため、レジャーシート持参で気にすることなくお花見を楽しめます。

トイレも設置されているのでご安心ください。

まとめ

中四国地方の「桜の名所三山」に選ばれたこともある開山公園。

標高149mほどの山ですが、頂上付近までは車で上がることができ、駐車場も完備されています。

頂上展望台からは360°ぐるり見回すことができ、桜のピンクと海のブルーが絶景です。

桜の時期だけでなく、様々な花や自然を楽しむことのできる伯方島の開山公園へ是非お立ち寄りくださいね。

また、帰りには道の駅伯方S・Cパーク マリンオアシスはかたで、しまなみ海道ご当地ソフトクリーム『伯方の塩ソフトクリーム』を召し上がれ。

開山(ひらきやま)公園

住所:愛媛県今治市伯方町伊方

アクセス:伯方島ICから車で約10分

駐車場:150台(無料)

ABOUT ME
アバター
小川 雅子
京都在住/アラフォーで初めてママになる/2児のママ/子育てママ支援『マムライト』/関西美活スタッフ/バレトンインストラクター/趣味はお酒(ビール・カクテル)・旅行・食べ歩き