blog

【レポ】インテリア、自由自在。LIXIL30周年・新建材『ラシッサ』発売記念トークイベント

こんにちは。
バレトンインストラクター 小川 です。(バレトンレッスンスケジュールはこちら

インテリア建材30周年・新インテリア建材「ラシッサ」発売記念トークイベント
LIXIL南港ショールームへ、関西美活ブロガーで参加してまいりました。

ドアが変われば、インテリアが変わる

今回のトークゲスト「クラッシュゲート」大木茂夫さんにお話を伺いました。

気になる小物の飾り方

好きな物だけで固めてしまいがちなインテリア小物達。。。

キレイにまとめるコツは、『テーマ性を持たせる』
例えば・・・「海の物」「アンティーク風」「アメリカン」

置き方にもポイントあり!『三角形を意識する』

これだけでも見た目がまとまり、スッキリ見えるのだそうです。

自宅をおしゃれに見せるテイスト&カラー

「北欧テイスト」や「フレンチテイスト」「ナチュラルテイスト」など
テイストが決まればカラーも合いやすい

例えば、
「北欧テイスト」ならデンマークやスウェーデン製のもの
「フレンチテイスト」ならフランス製のもの
同じ黄色や赤でも、微妙に色味が違っているので、こだわってみるのも楽しいですね。

お話を聞いていてふと思ったのが・・・

masako
masako
お家の「ドア」ってすごく年代がでちゃう

転勤族で、賃貸物件に多く住んだ経験があります。
1人暮らしから計算すると7~8軒ぐらいはあるかな。新築・築浅はもちろん築30年以上の物件にも住みました。

色や使っている素材・ガラス・ドアノブに至るまで、本当にその物件の年代が伺えます。

せっかく大好きなインテリアを飾っても、テイストやカラーを合わせても

「ドア」って気にしたことはないのでは?!

自分にピッタリな服を選ぶようにインテリアにも私らしさが欲しい

LIXIL新インテリア建材「ラシッサ」-Lasissa-

お部屋のドアまで変えてしまうことが可能なんです。

こちらのキッチン

ドアをネイビーにしたことで、キッチン全体の良いアクセントとなり
「このままお家に!」
と新築やリフォームでお越しになられたお客様に一番人気なんだそうです。

お家の中のドアって
何気なくあるようで、実は存在感抜群だと感じました。

ドアまでもインテリアにしてしまう

「ラシッサ」-Lasissa- で私らしさをカタチにしてみてはいかがでしょうか?!

今回お世話になったのはこちら
LIXILショールーム南港

住所:大阪府大阪市住之江区南港北1-7-62

電話番号:0570-783-195(ナビダイヤル)

営業時間:午前10時~午後5時
【休館日】毎週水曜日(祝日の場合は営業)・夏期・年末年始

ABOUT ME
小川 雅子
京都在住/2児のママ/子育てママ支援『マムライト』/関西美活スタッフ/バレトンインストラクター/趣味はお酒(ビール・カクテル)・旅行・食べ歩き